時計,腕時計,メンズ,レディース,ブランド,ジン[Sinn] / THE WATCH SHOP. web store

 

トップ > ブランド > ジン[Sinn]

ジン[Sinn]

Sinn (ジン)

Sinn (ジン)

ジンの正式名は、ドイツ語で「ジン スペツィアルウーレン」日本語では「ジン特殊時計会社」という意味です。

1961年ドイツ軍パイロットで飛行教官でもあったヘルムート・ジンが、自らの名前をブランドに冠し、フランクフルトでパイロット用の時計を作り始めたのがブランドの始まりです。

時計というより航空機器に近く、プロフェッショナルなパイロットたちにとって、視認性が良く、機能性が高く、そして堅牢な作りは、パイロットたちのニーズを完璧に満たしていました。

1994年9月には名門ウォッチブランドの取締役兼製造部門マネージャーとして時計づくりに精通した人物、ローター・シュミット工学士がジン社の経営を引継ぎ、彼は、開発と製造での経験と知識だけではなく、常に新しい技術の開発によって成長を持続するというポリシーで、ジンにおけるテクノロジーの新時代の幕を開けさせた人物です。

時計業界に登場したこのジン社の新しい時計技術に対しては多くの人が注目し、ジン社は従来の技法にとらわれがちな時計業界の中に新しい技術的リーダーシップを発揮しました。

独自のテクノロジーを生み出し、伝統的で精緻な職人技とパイオニア的な革新性を一体化させることによって、身に着ける人が生涯信頼できる極限的状況でも最高の精度を保証する時計を製作しています。
『使うためだけの時計』作りがジンの哲学です。

重要なのは機能性で、そのため、ジンの時計には、実際に役立つ機能のみが搭載されています。



Sinn Technology

MAGNETIC FIELD PROTECTION
[マグネチック・フィールド・プロテクション]

現代はAV機器やコンピューター、携帯電話など磁気を発生する電子機器がいたるところに氾濫し、時計の精度に悪影響を与える原因になります。

そこでジンが開発したのが驚異の 80,000A/mの防磁性能を持つマグネッチック・フィールド・プロテクションです。

軟磁性材料を使用したインナーケースにムーブメントホルダー、裏蓋を組み込み、さらに文字盤にもこの素材を使用し磁化を防いでいます。

ジンのマグネチック・フィールド・プロテクションは、防磁時計のための DIN 規格(ドイツ工業規格)で定められた数値 4,800A/mをはるかに上回るもので、磁気干渉を最小に抑えます
土星のようなロゴマークはその証。

磁気あり
写真1
磁気なし
写真2
ロゴ

写真3
軟磁性素材
写真4

写真1:ステンレスの裏蓋は簡単に磁力線が通ってしまい、裏蓋をはさんで磁石にクリップが吸い寄せられる。

写真2:マグネチック・フィールド・プロテクションの裏蓋は防磁性能を発揮し、裏蓋を直接クリップに接触させても石に吸い寄せられることはない。

写真3:マグネチック・フィールド・プロテクションであることの証のロゴ。

写真4:軟磁性素材を使用した文字盤、裏蓋、ムーブメントホルダー。



HYDRO [ハイドロ]

時計ケースにシリコンオイルを封入することにより、時計ケース内部の収縮率を海水や淡水とほぼ同じにする技術です。
これによりごつごつした分厚いケースなしに、5,000mという高い防水性を実現しています。

また、ハイドロには文字盤の視野角度が飛躍的に向上するというもうひとつの特徴があります。
ガラスとほぼ同等の屈折率を持つシリコンオイルの効果により、光の反射で視認性が落ちるのを避け、水中でもくっきりとした視認性を得ることができます。ダイバーズウォッチとして、まさに革新的な技術です。

ハイドロ
ハイドロ

裏蓋はセンター部分が外圧、内圧の変化で稼動する特殊構造。
これにより温度によるシリコンの膨張や収縮圧力が、外気圧とのバランスを保つようになっています。

ハイドロ


Ar-Dehumidifying Technology [Arドライテクノロジー]

時計内部の空気に含まれている湿気や時計内部に拡散した水蒸気によるムーブメントの潤滑オイルの劣化は、機械式時計の精度に悪影響を及ぼします。

ジンの Ar ドライテクノロジーは、ドライカプセルの搭載EDRパッキンの使用プロテクトガスの充填という3つの技術的要素により、ムーブメントはほぼ無水の環境となりこの問題を解決。

オイルの劣化プロセスと突然の気温低下によるサファイアクリスタル風防の曇りが防止され、信頼性の高い機能と精度が保証されます。



ドライカプセルの搭載ジンの開発したドライカプセルは、Ar ドライテクノロジーの最も重要な要素です。このカプセルには特殊乾燥剤である硫酸銅が充填されており、これはケース内の水蒸気を吸収し時計ケース内の湿気を取り除きます



プロテクトガス潤滑オイルの劣化が引き起こす放電腐食を防ぐため、時計のケース内に希ガスと呼ばれる極めて安定したプロテクトガスを充填することにより、静電気や不安定ガスを含む空気を可能な限り排除し放電腐食を防ぎます。この充填後は、空気から拡散した水分のみが、上記のドライカプセルによって吸収されることになります。



EDR パッキン時計ケースへの大気中の水分の貫通を最小限に抑えるため、ジンでは EDR(超拡散削減)パッキンを使用しています。ニトリルゴム(NBR)を使用した従来のケース用パッキンでの許容値と比べ、水分浸透を最小 25%にまで削減することができます。

Arドライテクノロジー
Arドライテクノロジー


SINN Special Oil 66-228 [ジン特殊オイル 66-228]

機械式時計のムーブメントのパーツが円滑な運動を行えるよう使用されている潤滑オイルは、通常−25℃で粘性が高くなり時計の精度が維持できなくなりますが、ジン社開発の特殊オイルは−66℃まで粘性を維持し+228℃まで蒸発が起きません

このオイルの使用により急激な温度変化に耐え、−45℃から+80℃の温度範囲で DIN(ドイツ工業規格)の定めた刻時精度の維持を可能にしました。

ジン特殊オイル ジン特殊オイル


テギメント・特殊技法の回転ベゼル・ディアパル

テギメント
窒素を使用した浸炭加工を時計のケースに施すことにより鋼材の表面に炭素分子を拡散・浸透させ、焼入れして硬化させる技術です。素材の表面をセラミックと同じ、あるいはそれ以上の硬度にして時計に傷がつくのを防ぎます。さらに金属内のニッケルが表面には出てこないといった特徴もあるため、アレルギー体質の人でも安心して使用することができます。

テギメント
特殊技法の回転ベゼル

特殊技法の回転ベゼル
Uシリーズのモデルに代表される回転ベゼルは、通常のはめ込み式ではなく、ジン社独自の特殊技法でケースにセットされているため、絶対に外れることはありません。新設計により装着は確実でありながら、修理にあたっては分解が容易にできるようになっています。

ディアパル
時計のムーブメント全体の精度に大きな影響を与える脱進機の重要な構成部分であるツメ石とガンギ車に、潤滑剤なしでも摩擦を起こさず作動する独自の組み合わせの素材を採用することで、長期間にわたり精度を保つ技術です。これは真空状態ではオイルが使えないために開発された NASAの技術の応用です。

ディアパル
  • Copyright (c) THE WATCH SHOP. web store all rights reserved.