時計,腕時計,メンズ,レディース,メンズブランド,ハンハルト[hanhart] / THE WATCH SHOP. web store

ブランド検索

カテゴリー




インフォメーション

  • Facebook
  • ブログ
  • 会員登録/修正
 

トップ > メンズブランド > ハンハルト[hanhart]

ハンハルト[hanhart]

hanhart(ハンハルト)イメージ

hanhart(ハンハルト)

hanhartのトレードマーク

彼は静かに部屋を出る前、まだ眠っている彼女の額に優しくキスをしました。
ハンガーにひっかけてある彼のウォッチを見ると思わず彼は微笑んでしまう・・・
彼女は彼の時計のボタンを彼女の赤いマニュキアで塗っていたのです・・・
彼がいつも彼女のことを想い、毎日元気に安全に帰宅するように・・・と願って。

これが赤いボタンの伝説のストーリーです。
この赤いボタンは1938年に初めてクロノグラフウォッチを世に送り出して以来独特のトレードマークとして親しまれています。これはパイロットが不意にstop timeをゼロに戻すことが無いようにと赤く色付けされているのです。



hanhart History
hanhart(ハンハルト)イメージ

▼ 1882年

スイス人の時計技師Johann Adolf Hanhartは1882年にドイツの小さな町Diessenhofenに時計店をオープンし創業しました。そして、その後1902年に南ドイツのSchwenningenに会社を移転させました。1920年代に会社を劇的に進化させたJohan Hanhartの最も年少の息子であるWilhelm(Willy) Julius Hanhartが創業の年1902年に生まれました。


▼ 1920年代

20世紀の半ばまでは、ストップウォッチは主にスイスで製造され、比較的高価なものでした。1924年にWilly Hanhartは世界でも最も手頃な価格の機械式ストップウォッチを製造し、Hanhartに飛躍的な進歩をもたらしました。それは、その後今日まで続くストップウォッチ分野のリーディングカンパニーとしてのスタートボタンを押した時でもありました。


▼ 1940年代

製造は拡大を続けていました。Hanhartはその後も機械式ストップウォッチやタイマーのような革新的な商品、また、電池駆動のムーブメントを備えたクロックやアラーム機能のあるウォッチなど製造分野を広げて行きました。

1952年Schwenningenにある本社は建て直しが行われました。また、同年Hanhartは今日のBasel Worldに初めて出展したのです。そして、Hanhart社は精度の高いストップウォッチメーカーとしてマーケットリーダーのポジションを得て行きます。


▼ 1990年代

時計製造の伝統的なクラフトマンシップが1990年代に再び脚光を浴びることになり、Hanhartはそのルーツに回帰します。Hanhartは1939年からの精巧に製造されている伝説的なパイロットクロノグラフを1997年に再発売し、限定2,500本は記録的な早さで完売にに至っています。

追加リリースされるモデルはエクスクルーシブのコレクタ―アイテムとしてその後も更に進化してゆくことになります。現在のPIONEERの先代モデルはこのようにして誕生しました。


このように、Hanhartは先進の伝統的なパイロットクロノグラフ製造の基礎を着実に築きあげて行き、今日でも世界中の多くの愛好家から高い評価を得ています。



  • Copyright (c) THE WATCH SHOP. web store all rights reserved.